キャピキシルの育毛効果!本気で選ぶ薄毛対策育毛剤の比較

キャピキシルという成分をご存知でしょうか・・・?今、徐々に注目を浴びてきている育毛剤成分として、世界中の製品で用いられるようになっています。

カナダの化粧品メーカーが開発したもので、キャピキシルの主成分は

  • アセチルテトラペプチド-3
  • アカツメクサ花のエキス

最近では、日本製のの「医薬部外品の育毛剤」にも配合されている成分です。

特にキャピキシルの効果・注目すべき点を1点に絞ると以下の通りです。

  • 5α還元酵素に対する強力な阻害効果が報告されていること

薄毛の方が、安心して使えるエビデンスが豊富で、また、ドラッグストアなどでも購入できるというお手軽さもメリットの1つです。

キャピキシルを使った様々な育毛商品が出ていて、各成分の相加効果により「複合的な薄毛ケア」ができるという点が人気になっており、大きなメリットだと思います。

キャピキシル育毛剤の比較。おすすめ商品は?

キャピキシルの効果

キャピキシルは2つの成分を主とし構成されているので、それぞれの成分に関し、期待できる効果を説明します。

アカツメクサの花のエキスの効果

キャピキシルの主要成分のうち「アカツメクサの花のエキス」は、脱毛を防ぐ効果をもたらします。

具体的には、脱毛因子を作り抜け毛を促進する男性ホルモンの一種の働きを抑制します。男性ホルモンは、通常一定のサイクルで脱毛を促進し、髪の毛の生え代わりをコントロールする役割があります。

しかし、ホルモンの働くが強くなると、

  • 発毛と脱毛のバランスが崩れ
  • 発毛よりも脱毛が優位になってしまう

結果として、薄毛が生じてしまうのです。

そこで、アカツメクサ花エキスを使うことによって、ホルモンの働きを阻害して、脱毛のスピードを抑制する効果が期待できるのです。

アセチルテトラペプチド-3の効果

そして、キャピキシルのもう一つの主要成分であるアセチルテトラペプチド-3は、「毛包(髪の毛の根の部分)」を保護する働きを担います。

髪の毛は紫外線や熱、汚れ、摩擦などによって抜けやすくなってしまいます。毛包が弱くなっている髪の毛は、ちょっとした刺激でも抜け落ちるようになります。

しかし、アセチルテトラペプチド-3によって髪の毛の根がしっかりして、抜けにくい状態になるのです。

2成分の総合力で脱毛を抑制

  • 脱毛を促進する因子の働きを弱める
  • 物理的に抜け毛を保護する

という、主に2つの働きによって薄毛対策ができるのが特徴です。

さらに、キャピキシルを使うことによって免疫の異常を改善する働きがあることも認められています。

免疫異常が頭皮や毛根細胞に見られると、正常な発毛サイクルが行われず、やはり脱毛が異常に進んでしまうことになります。

キャピキシルの免疫改善の働きによって、異なる側面からの脱毛予防を行えるというのもメリットと言えます。

キャピキシルの効果は本物|口コミに惑わされず評価内容と副作用で正しく判断

キャピキシルとミノキシジル成分の比較

薄毛対策でよく用いられるものとしては、キャピキシルのほかにミノキシジルがあります。ミノキシジルはAGAクリニックなどの病院やクリニックで処方される「医薬品」ですね。

ミノキシジルは、もともと高血圧を患う人に処方されていました。しかし、ミノキシジルを使っていた患者に薄毛改善効果が見られたということで、今度はAGA治療のために用いられるようになったという歴史があります。

2成分の違いを一覧表で表すと以下の通りです。

区分 効果 副作用
ミノキシジル 医薬品
キャピキシル 医薬品ではない 極小(報告なし)

医薬品として承認され、それだけ効果のある薬だというのが最大のメリットです。一方でキャピキシルは医薬品としては、未だ承認されていません。

ミノキシジルは濃度によっては医師による処方が必要ですし、ドラッグストアで売られている濃度が低いものでも薬剤師に相談が必要です。

キャピキシルは気軽にネットやドラッグストアで購入できるというメリットがあります。また、ミノキシジルは薬として用いられているだけあって、効果は高いのですが副作用もあります。

特に血圧系のトラブルがある人は使用できません。そのため、副作用が心配な人にはおすすめできません。

こうして比較してみると、高い効果をできるだけ早く感じられることを期待する人にはミノキシジルがおすすめです。

しかし、クリニックに行くのはちょっと、と感じる人や、副作用が怖い人、ゆるやかな効果を望む人であればキャピキシルがおすすめということになります。

それぞれのメリットデメリットを比較して、自分に合ったものを選ぶことが肝心です。

キャピキシルと他の有用成分の比較|vsミノキシジル・リデンシル・ピディオキシジルなど

キャピキシル育毛剤の比較

それでは、キャピキシル成分を配合した育毛剤に関し、代表的な3つの商品の紹介と比較を行っていきたいと思います。

フィンジア

キャピキシルを使った育毛剤の一つとして「フィンジア」があります。スプレータイプの商品で、一日二回程度頭皮にかけてマッサージして使います。キャピキシルがメイン成分となっていて5%含有している他、ピディオキジルという成分も2%配合しています。

毛根を強めて抜け毛を防ぐと共に、髪の毛が生えやすい環境、そしてより髪の毛が太く成長するように助ける働きがあります。

カプサイシン成分が、頭皮の血流を促して柔らかい状態にしてくれるという、他の育毛剤には見られない成分も含まれています。

定期購入コースなどいろいろなプランがありお得に購入できることや、全額返金保証があるというのもポイントです。

フィンジアの育毛効果|生えたという評判は嘘?本当?

ザスカルプ5.0

「ザスカルプ5.0」もキャピキシルを使った人気商品です。複数の有用成分を配合しているのが売りで、キャピキシルの他にリデンシルやピディオキジルなど、他の育毛剤と比較してもバリエーション豊かであることがわかります。

さらに、細胞の修復と成長を促すプラセンタやヒト幹細胞を配合しているというのもポイントです。様々な有効成分を配合することによって、いろいろな角度からの育毛を促すのが特徴です。

しかも、Wナノ粒子の技術を使った成分が頭皮に浸透しやすいようにしています。また、エタノールなどの物質を減らして、アレルギー反応が出にくくなるようにも工夫しています。60日間の全額返金保証制度もあって、安心して使えます。

ザ・スカルプ5.0の効果と口コミってどうなの?

バイタルウェーブ

「バイタルウェーブ」は、キャピキシルをメイン成分としたスカルプ系の育毛剤です。この製品もたくさんの有効成分を配合していて、リデンシルやノコギリヤシ、プラセンタエキス、ローヤルゼリーエキスなどをふんだんにつかっています。

1日2回頭皮に振ってつけて、マッサージするように浸透させます。使いやすいスポイトタイプなどもあって、使い勝手にこだわっているのも特徴です。定期コースやまとめ買いプランなどもあって、お得に続けられるというのもポイントです。

バイタルウェーブの効果と口コミ|最強キャピキシル高濃度配合

キャピキシルの効果を高めるコツ

キャピキシル育毛剤の効果を高めるコツは

  • 確実に頭皮に届くように使用する
  • 頭皮を清潔にする
  • シャンプーにも気を付ける

多くのキャピキシル製品は、頭皮に直接つけるタイプです。より効果を発揮するためには、髪の毛をかきわけて、育毛剤成分が「頭皮に直接、確実に当たる」ようにするのがコツです。つけた後はマッサージをして浸透させるというのも重要です。

髪の毛と頭皮を清潔にした状態で使用するということです。頭皮に皮脂がついたままだと、有効成分が浸透しづらくなりますので、タイミングをしっかりと考えて使用しましょう。

また、一つの製品だけでなく、複数のキャピキシル商品を併用するというのもコツです。スプレーやリキッドタイプの直接塗布するものをメインに、キャピキシルシャンプーを使うなどすることも、相加的な効果を期待できます。

アマゾンで購入できるキャピキシル育毛剤の注意点

Amazonなどでもこうしたキャピキシル製品は、たくさん売られています。

中には他の商品よりもかなり安く購入できるものもあります。しかし、すべての商品がきちんとキャピキシルを使っているかどうか、効果が出るほどの濃度使っているかどうか分からないものもあります。

見分ける一つのポイントとしては、「キャピキシル認証マーク」というものがあります。安価な商品ではマークがないケースが往々にしてあります。

継続するためにはお得に購入するというのも大事ですが、効果が薄ければ意味がありませんので、値段だけに目を奪われるのではなく、信用できる商品なのかどうかを第一に考えて選ぶようにしましょう。

ちなみに、キャピキシル配合シャンプーもあります。おすすめは・・・

キャピキシル配合のシャンプーの効果とは?口コミで選んだ結果・・!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする