キャピキシルと他の有用成分の比較|vsミノキシジル・リデンシル・ピディオキシジルなど

キャピキシルに似た成分がいくつか存在しますよね?リデンシルとか、お馴染みのミノキシジルとか・・・!

これら成分の違いについて、解説していきたいと思います!

キャピキシルとリデンシルの比較・違い

リデンシルは主に毛根の外側の部分のいわゆる「さや」の部分を強化して、髪の毛の成長を促すという働きを示します。また、頭皮環境を改善することで、より毛根を強くするというのも作用の一つです。

頭皮の血流が良くなることで、より毛根に栄養や酸素が行き届くようになりますので、増毛も促進されます。そして、髪の毛が成長するサイクルを早めるというのもリデンシルの特徴です。より早く髪の毛が成長することで、毛が抜ける前に丈夫な髪の毛が増えて結果的に増毛につながるのです。

このように、リデンシルはどちらかと言うとより発毛や育毛を促すということを強調したアクティブな成分と言えます。これと比較するとキャピキシルは、脱毛を防ぐ、薄毛の根本的な原因をブロックするという方に主眼が置かれています。どちらかというと脱毛の原因をなくすことで増毛を図るというものです。

キャピキシルとミノキシジルの比較・違い

ミノキシジルは医薬品として承認されている成分です。そのため、副作用がある、使えない人がいるという特徴があります。濃度の濃いものであれば医師の処方が必要となるというのも、ミノキシジルの特徴でしょう。

一方でキャピキシルは医薬部外品ですので、ドラッグストアやネットで気軽に購入することができます。

成分や効果という面では、ミノキシジルは毛根に流入する血流を多くすること、毛根細胞を刺激することによって発毛や育毛を促すという働きをします。これと比較してキャピキシルは、毛根細胞の中に発生する脱毛因子の働きを阻害することによって、抜け毛を減らすのが特徴です。

キャピキシルとアデノシンの比較・違い

アデノシンは毛根に酸素をより多く供給することによって、髪の毛が丈夫で抜けにくくするという効果を生みます。また、髪の毛の成長期を長くすることによって、より太くしっかりとした髪にするというのも一つの特徴です。

全体としては髪の毛の成長をバックアップするという効果がメインで、もともと人体の中にあるアデノシンを効果的に活用するというのがポイントです。

キャピキシルは、脱毛の原因を取り除くことや、毛根の働きを強化するというのが主な作用です。そのため、アデノシンよりもさらに積極的な増毛効果を狙えるというのがメリットとなります。

キャピキシルとノコギリヤシの比較・違い

ノコギリヤシは、男性ホルモンの働きに作用するのが特徴です。男性の薄毛の原因は男性ホルモンが多くなり、それが脱毛を促進してしまうというものです。

そこでノコギリヤシは、男性ホルモンの一つの作用をブロックして、髪の毛が抜けてしまうのを防いでくれます。薄毛の原因をシャットアウトするというのが主な特徴で、キャピキシルに近いものがあります。キャピキシルの主な成分であるアカツメクサエキスも同じような働きを示しますので、ノコギリヤシと似た効果があります。

ただし、キャピキシルの場合は、毛根を強くして積極的に育毛を促進する成分も含めていますので、二つの方面から薄毛対策ができるというのがメリットです。

キャピキシルとフィナステリドの比較・違い

フィナステリドは医薬品としてAGAクリニックなどでよく使われています。キャピキシルのメイン成分と同じように、男性ホルモンが持つ脱毛促進の作用を阻害することによって、薄毛を改善してくれます。

しかし、医薬品というだけあって効果も高く、実感するのが早いのがメリットです。その分、副作用が出てくる割合も高いという点がありますので注意が必要です。性欲減退などの副作用があって、医師による観察と処方が必須となっています。その点、キャピキシルは副作用が少なく、安心して使えるというのがメリットです。

キャピキシルとリジンの比較・違い

リジンは必須アミノ酸の一つです。髪の毛はケラチンという物質とアミノ酸でできています。そのため、リジンを摂取することで髪の毛を作り、育てるための栄養素をしっかりと補給できることになります。

リジンは発毛を促すというよりも、栄養素の一つとして摂取するというのが基本的な考えで、育毛を直接促進するというよりも、栄養素として見ることができます。また、丈夫な髪の毛を作るためには、健康的な頭皮環境を整えることも大事です。そのためにも、リジンは役立ち頭皮細胞の修復に貢献します。

一方でキャピキシルは髪の毛の成長や発毛そのものを促進するという効果があります。そのため、異なったアングルからどちらも増毛に役立つと言えるでしょう。併用して使うことで、より薄毛対策に効果を見ることができます。

キャピキシルとピディオキシジルの比較・違い

ピディオキシジルは「ミノキシジル誘導体」と呼ばれることもあり、ミノキシジルとよく似た成分です。分子構造もかなり似ていて、効果も近いものがあります。血流を増加して毛根への血流を上げます。

それによって、酸素や栄養分が十分行き届くようになり、髪の毛の成長が促進されるのです。また、毛母細胞に働きかけて刺激を与えるため、成長がより早くなるというのも特徴です。ミノキシジルよりも副作用が少ないということで、副作用のことを心配する人にも使いやすいのがメリットです。

キャピキシルは、毛根に働きかけて育毛を促すという働きと同時に、抜け毛の原因をブロックするという働きもあります。二つの方面から薄毛対策になるというのが特徴です。ダブルの効果を同時に示すことで、より実感しやすいヘアケアができるというわけです。

キャピキシルとプロキャピルの比較・違い

プロキャピルはフランスのヘルスケア会社が開発した成分で、全体的にミノキシジルに近い働きをします。血管を拡張して血流を増やしますので、毛根により栄養分と酸素が供給されるようになります。その分、髪の毛の成長が早くなり、丈夫で抜けづらい髪の毛ができるのです。また、DHTと呼ばれる男性ホルモンを働きをブロックして脱毛を減らすという効果もあります。

これらの効果はキャピキシルと似たところがあります。脱毛の原因そのものを抑制して抜け毛を減らすということと、育毛を促進するという働きを示すのです。

このように効果は似ていますが、キャピキシルの方がよりポピュラーで手に入れやすいという点が違います。プロキャピルは注目度の高い成分ですが、まだまだ使用している商品が少ないので選択肢があまりありません。

どの成分を選ぶべき?

こうして見てきたように、それぞれの成分に異なる特徴があります。アデノシンなどは副作用も少なく使いやすいですが、効果は緩やかです。そのため、薄毛改善というよりも薄毛の予防に使うのがベターです。

一方でミノキシジルやフィナステリドなどは、医薬品として承認されている効果の高い成分です。そのため、医師の処方と観察が必要となります。薄毛が結構進行していて、市販の育毛商品では対応できないという場合や、すぐに効果を実感したいという人に向いていると言えるでしょう。

その点、キャピキシルは中間に位置する成分です。脱毛を抑制すると共に、育毛を促進してくれます。また、副作用も少なく気軽にネットなどで購入できるというメリットがあります。薄毛が気になるものの、クリニックに行くのもちょっとと思う人にぴったりでしょう。このように、それぞれの薄毛の進行状況に応じて、それに合った成分を含む商品を使うのがベストということになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする